【水虫】趾間型(じゅくじゅくタイプ)の治療法



趾間型の水虫とは?

趾間(しかん)と読みます。

趾間型の水虫は、指の間の皮膚がじゅくじゅくして激しいかゆみがある症状。

最も知られた症状だと思います。

そして最もなりやすい症状です。

趾間型は、指の中でも薬指と小指の間になりやすいです。

皮膚がじくじくとふやけて、激しいかゆみが襲います。

初期症状として現れやすい

6_3

水虫のなかでも代表的な症状ですが、実は感染初期になりやすい症状です。

タイプには、皮だけがむける乾燥型と、ふやけた湿潤型もあります。

かゆみは圧倒的にじゅくじゅくタイプの湿潤型。

見てもわかる症状です。

趾間型水虫になりやすい人の特徴

趾間型水虫になりやすい人の共通点は、足の指が比較的太いこともあげられます。

または常に足の指と指の間がくっついた状態。

指の股の風遠しが悪いため、むれやすい状態をつくります。

それが水虫感染しやすい状況を作ってしまいます。

そのならないために、常に足の通気性を意識する必要があります。

趾間型水虫の治療法

趾間型水虫治療は、塗り薬による治療が一般的です。

クリーム剤の塗り薬で足裏全体に塗るのが基本です。(足の指はもちろん、足の側面・甲も)

お風呂上がりに塗るのが最適な塗り方です。

私の場合は1日に2回、朝晩に塗る処方でした。

水虫薬の上手な塗り方

治療期間は「最短3か月」

治療期間の目安は3ヶ月以上

長いように思えますが、じゅくじゅくした水虫が発症したということは、足全体に水虫菌が繁殖している可能性があります。

確実に治すには、菌が繁殖する可能性のある部分を根本的に殺菌・抑制していかなければなりません。

なので最短でも3ヶ月の治療ということになります。(角質のサイクルが関係してます)

きちんと治療を続けても改善されない場合は、塗り薬が合っていない可能性が高いです。

一週間続けても効果が見れない場合は、薬を変える必要があります。

水虫治療期間の目安

※市販薬の注意点
水虫薬は市販で簡単に購入できますが、種類がたくさんあり困ると思います。それに水虫コーナーに立つのは恥ずかしさがあります。ですので、水虫薬の知識は必要になります。(これを踏まえても皮膚科で治療が一番確実です)

塗り薬は体質によっても合う・合わないがあります。

個人的な意見では、市販薬での水虫治療はオススメしません。

理由は難しいと思うからです。

時間とお金の無駄にもなりますし、薬剤師さんに相談するよりも皮膚科の先生の方が確実です。

水虫は厄介な病気です。

受診して現状を把握したほうが完治の早道です。

水虫皮膚科を選ぶコツ

まとめ

  •  趾間型は初期症状の場合が多い
  •  塗り薬はクリーム推奨(お風呂上がり)
  •  改善しない場合は内服薬が必要になる

足裏トラブルで役立ったアイテム

私の足裏トラブルを助けてくれたアイテムたちです。

水虫対策の最終砦「クリアフットヴェール」

私は指の間がカサカサになった時に使いました。(→レビューはこちら

【こんな人にオススメ】

・誰にもバレずに水虫対策したい

・ムズムズした足裏のかゆみに悩んでいる

・カサカサした足指の間が不安

・水虫?と不安になる独特のニオイがある

・市販薬があわなくて悩んでいる

足のニオイが消える「菌ピタ君」

このインソールを履き始めてから、足裏のムレがほぼ無くなりました。(→レビューはこちら

【こんな人にオススメ】

・足裏のニオイに悩んでいる

・ムレやすいブーツに悩んでいる

・水虫?と不安になる独特のニオイがある

・靴や靴下のニオイを消したい

・誰にもバレずに水虫・臭い対策をしたい

関連記事

ピックアップ記事

  1. 足の裏がムズムズかゆく?感じる・・足がムレた時にそのようなことありませんか? でも実際に皮膚科…
  2. 水虫の殺菌効果で有名な精油「ティートリー」。 ここではティートリーと水虫対策の効果について書い…
  3. このページではクリアフットヴェールの購入から解約までをレビューしています。 どのように届く…
  4. ここでは消臭インソール「菌ピタ君」の効果についてレビューしています。 色々試しましたが、竹炭の…
  5. 「美人の泉」を試してみて 美人の泉は角質ケアに特化した珍しい入浴剤。 ”足裏の角質ケ…
ページ上部へ戻る