【角質ケア成分】パパイン酵素とは?「青パパイヤの秘密」



未成熟なパパイヤに含まれる酵素(パパイン酵素)。

なぜパパイン酵素に角質ケアの効果があるのか調べてます。

パパイン酵素を調べるきっかけになったのが、この入浴剤でした。(→レビューはこちら)

パパイン酵素は、この入浴剤のメイン成分になります。

かかとの角質ケアに買ったのですが、なぜパパイン酵素が角質ケアのメインになっているのか気になったため、どのように作用するのか調べてみました。

美人の泉・絹肌プレミアム

パパイン酵素って何?

青いパパイヤから取れる酵素です。

熟したパパイヤではなく、未熟なパパイヤです。

パパイン酵素=青パパイヤ

パパイン酵素とは、未成熟の青いパパイヤから採取される酵素。青パパイヤの表面を傷付けると白い液体がしみ出ます。その液体にパパインが含まれます。完熟した黄色いパパイヤからは白い液体は出ません。

パパイン酵素の特徴

角質ケアの効果を発揮するのは、未成熟な”青パパイヤ”に含まれる成分です。

その成分のパワーから”酵素の王様”とも言われます。

パパイン酵素が王様の所以

①分解作用の強さ
②酵素の含有量
③酵素の耐久力

①:分解作用が強い(3つの分解酵素)

113

パパイン酵素には「タンパク質・脂質・糖質」の3つを分解消化する力があります。

・「タンパク質」分解酵素
・「脂肪」分解酵素
・「糖分」分解酵素

足裏の角質ケアで言えば、「タンパク質」の分解作用です。

タンパク質を分解することにより、古い角質や汚れなどを取り除いてくれます。

パパイン酵素の分解作用は「別格」
パパイン酵素には、タンパク質ならなんでも分解してしまう特別なパワーがあります。種類を問わずにどんなタンパク質でもです。例えば料理でお肉を柔らかくするためにもパパイヤが使われてます。(肉にはアクチン・ミオシン・コラーゲンなど多くのタンパク質があります)それはパパイン酵素に特別なタンパク質分解の作用があるため。他にはない分解酵素なのだそうです。

参照:パパイヤ健康食品健康レポート

②:酵素の含有量

酵素の含有量は熟したパパイヤよりも未成熟な青パパイヤの方が多く、その含有量はフルーツの中でも抜き出ているようです。

例えばパイナップルも酵素を多く含むフルーツですが、青パパイヤはパイナップルの約6倍の酵素が含まれていると言われています。

③:酵素の耐久性

食物酵素は「熱」に弱い性質をもちます。(ほとんどは42~48℃で活性を失うそうです)

しかし、青パパイヤに含まれる酵素は100℃でも保つそうです。

つまり酵素の効果を失わずに得られます。(入浴剤にも適してるわけですね)

100℃でも酵素活性を失わない強い耐久力を持つ理由は南国育ちのフルーツであるため。

南国フルーツ(例えばキウイなど)の酵素は、少々高い温度でも大丈夫。

特にパパイヤは耐性が強く、それが王様の所以です。

例えばキウイの場合においても、40℃から60℃の間でも酵素は活性するそうです。さらにグリーンパパイヤに含まれるパパインは100℃の温度でも酵素活性を失いません

引用:パパイヤ大学

青パパイヤ=角質ケアできるフルーツ

パパイン酵素は洗顔や化粧品にもよく使われいる成分。

体表面の角質や毛穴に詰まった皮脂、タンパク質を取り除いてくれる作用があります。

足裏の角質ケアでは、タンパク質分解の作用が頼もしいですね^^

その分解作用が、かかとだけではく全身をスベスベにできるわけですね。

まとめ

”王様”と言われるパパイン酵素の秘密は

・タンパク質の分解の強さ
・酵素量の多さ
・酵素の耐久力

でした。

角質ケアにおける「パパイン酵素」のポイントはタンパク質の分解の強さ。

この強さが角質ケアには頼もしい作用になるようです。

美人の泉・絹肌プレミアム

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る