かかとの角質と馬油の効果|保湿はお風呂上がりに。



※最初に馬油の成分や効果について触れています。角質との関係は下記の方にスクロールで!

そもそも馬油とは?

馬油は文字通り馬の油。

馬油には人間の肌質にマッチした性質があります。

ソンバーユなど有名ですよね。

ソンバーユの口コミ評判
顔の基礎化粧品として、ボディの皮膚保護用にも使える馬油100%のクリーム。無香料で赤ちゃんやデリケートなお肌の方にも使えます。Amazonレビュー1,000件を超える評判の高い馬油です。

人の脂に最も近いのが「馬油」

馬の油は人間の皮脂にもっとも近い油成分を持っています。

つまり、皮膚への浸透力が高いです。

保湿としても優秀なので、肌のキメを整え、潤いをキープしてくれます。

馬油のシャンプーやスキンケア商品もたくさん出てますよね。

美容師さんでも馬油を勧める人が増えています。(友達の美容師からもよく勧められます)

その理由はやはり、馬油の高い浸透力・保湿力のようです。

馬油の特長

  • 肌への浸透力が優れている
  • 抗酸化作用・殺菌作用がある
  • 炎症を抑える・熱を抑える
  • 保温・保湿に優れている
  • 食べられる(馬油自体)

角質への効果は?

top6

保湿面で優れた効果を発揮してくれるようです。

マッサージにもぴったりなので、フットケアの際に使える保湿成分になります。

馬油にかかとの角質除去があるの?

どうやら馬油を使って「皮ムケ状態」になる人もいるようです。

こちらのコメントがわかりやすく状態を示しています。

「おでこやあごなど特にトラブルがないところは皮がむけない」
「ニキビ跡があるところだけ不思議と皮がむける」

引用:馬油とピーリングーchieco

この点から、馬油にもピーリングがあるのかも。

馬油で皮がむけるということは、一種のピーリングケア状態になっている

つまり肌にトラブルがあり、肌が正常に戻そうとしているということです。

このようにまとめている人もいます↓

馬油は皮膚と極めて近い成分なので、肌にどんどん染み込みます。すると血行が促進され、新陳代謝が活発になり表皮が角質化してポロポロむけてきます。

引用:免疫力を高める健康情報

なるほど、ターンオーバーを正常にするための手助けをしているという考えですね。

乾燥肌に最高な「馬油」

ソンバーユの使い方
1.手荒れやかかとの荒れには、お風呂上がりにソンバーユをたっぷり、べたべたになる程度塗布する。
2.そのままにしておくと、布団についたり床で滑ったりするので、綿の手袋をしたり、靴下を履いたりして対応してください。

馬油には優れた浸透力・保湿力があります。

かかとがカサカサの時は、抜群の保湿効果を発揮しそうですね。

馬油の油はサラサラとしています。

かかとをツルツルにする入浴剤もある

美人の泉・絹肌プレミアムという角質ケアに特化した入浴剤もあります。

効果はゆっくりですが、かかとがツルツルになっていきます。

分解作用があるので、排水まわりもキレイにしてくれる効果があります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る