お風呂で洗っても足の臭いが落ちない理由|チェックすること3つ



「お風呂上がったばかりなのに足が臭い・・なんで?」

足裏をキレイにしたばかりなのに、においで悩んでいませんか?

もしかしたら、思わぬ落とし穴があるかもしれません。

身の回りのものをチェックしてみてください。

CHECK⑴:スリッパ臭くなってませんか?

意外に見落としがちなスリッパのニオイ。

スリッパも洗わないと、とんでもないニオイを発します。

せっかく足をキレイに洗っても、室内ではくスリッパが臭ければ意味がなくなります。

まだチェックしてなかった人はスリッパのニオイを確認してみてください。

関連記事:スリッパの洗い方

CHECK⑵:靴やスリッパ、休ませてますか?

同じ靴やスリッパをずっと履き続けていませんか?

これが足の臭い原因のサイクルを作り出しています。

履き物はローテーションすることにより、ニオイを分解しやすくしてくれます。

内ばきのスリッパも理屈は一緒。

理想は3足ローテーションですが、2足ローテーションでもだいぶ違います。

靴ならインソールを活用してみるとだいぶニオイがなくなりますよ^^

竹炭消臭インソール「菌ピタ君」

私はこのインソールを使っています。

ポイントは「竹炭」。

竹炭は一般的な活性炭のインソールよりも消臭力があり、かなり効果あります(レビューはこちら

そしてタフな中敷なので長く使えて便利です。

CHECK⑶:足は指の間まで乾いてますか?

足のニオイは雑菌の繁殖による場合が多いです。

足がムレて高温多湿になることで、雑菌を増えてしまうわけです。

例えば足をしっかり洗っても、足が乾いていないと雑菌が増えてしまいます。

特に足の指は乾かしにくい部位なので、タオルで足を拭いても、水分が残ってしまう場合が多いです。

その場合に、足の指はドライヤーや扇風機などの「風力」を使って乾かすのがオススメです。

風を足指に当てることで、乾いてないことを確認できます。(おそらくスースーして気持ちいいと思いますが、乾いてない証拠です)

足が納豆くさいのは「イソ吉草酸」のせい

top9

足がクサい原因の一つに「イソ吉草酸」という成分があります。

あの納豆の臭いです。

このイソ吉草酸は洗っても落ちにくいという厄介な性質も持っています。

そんな場合は重曹足湯が効くと言われています。

洗っても洗っても納豆みたいなニオイがする人は、重曹足湯をしてみるのも手です。

関連記事:重曹足湯のやり方

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る