竹炭と活性炭の違い|超消臭インソールの素材を調べてみたら凄かった



消臭インソールには活性炭タイプのものが多くありますが、私が出会った消臭インソールは「備長竹炭」という素材を使っていて、この消臭効果が驚くほどすごかったので、竹炭と活性炭の違いについて調べてみました。

ちなみにこのインソール↓

菌ピタ君という、ちょっとネーミングがアレな消臭インソールですが、吸湿力がスゴくて、これを履き始めてから靴のムレがなくなりました

その消臭効果のカラクリは吸収と放出のパワーにあるようです。

活性炭と竹炭の大きな違い

匂いの吸湿力と放出力がスゴいようです。

① 吸湿力(水分の吸湿2倍以上)
② 放出力(ニオイの分解度)
③ 抗菌力(活性ケイ酸)

①吸湿力(水分の吸湿2倍以上)

竹炭は活性炭に比べると、水分の吸湿力が高いです。

グラフを見ると、約2倍以上違います。

私は靴がムレやすい方ですが、靴を一定時間はき続けてもムレを感じにくなりました。

おそらく吸収力がすごいのだろうなと感じています。

②放出力(ニオイの分解度)

竹炭のインソールは、少し置いて靴を履き直すとスーッと涼しくなります。

これは匂いの分解度・放出力がすごいからだと思います。

竹炭インソールが初めての人は、履き直したときの靴の中の爽快感に驚くと思います。

③抗菌力(活性ケイ酸)

竹炭には、活性炭にはない“活性ケイ酸“という抗菌力のある物質が含まれています。

この物質は消臭剤の原料としても使わる物質で、他の炭にはないものだそうです。

この抗菌力も加わることから、竹炭の消臭力は高いと言われています。

まとめ

竹炭消臭インソール「菌ピタ君」

竹炭と活性炭の違いのポイントは吸湿力と放出力。

インソールはわかりやすいと思います。

私は履いてみてビックリしました。

まさかここまで、ニオイが消えるとは思いませんでした。

具体的には

  • ムレなくなった(正確には、だいぶムレにくくなった)
  • 靴の中がスースー爽やかな感じ
  • 足のニオイがしなくなった

と履き始めて、すぐに効果を感じました。

詳しくはこちらでレビューしています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る