重曹足湯の効果とやり方|納豆の臭いもコレで消える



足のニオイを消す足湯といえば「重曹足湯」。

このページでは重曹足湯の分量や浸かる時間などをレシピ化しています。

なぜ重曹で“足の臭い”が消えるの?

重曹は「イソ吉草酸」を中和する
足が納豆くさくなるのは「イソ吉草酸」という酸性の物質が原因です。重曹は弱アルカリ性なので、そのニオイを中和する作用があります。

参照:メンズスキンケア大学

重曹足湯が効かない場合は?

重曹の量が少ないか、原因が酸性(イソ吉草酸)ではなく、他に原因があるかもしれません。

例えば足裏がアンモニアのような匂いの場合は、疲労臭といってアルカリ性が原因というケースもあります。

その場合にすすめられるのがミョウバン足湯です。

重曹足湯が効かない場合は、ミョウバン足湯を試してみると良いかもしれません。

どんな重曹を使うと良いの?

使う重曹はスーパーや100円ショップなどの市販で販売されているもので大丈夫です。

ただし、購入する時は商品の使用用途を確認して選んでください。

用途によっては肌に強い成分(界面活性剤など)が入っています。

食用の重曹でOK

重曹足湯に使う場合はどちらでもOKです。

食用なら安心感もありますよね^^

材料が手に入りやすく、方法が簡単なのも、重曹足湯の魅力です。

こちらは足湯用に人気のあるタライです↓

プラスチック製

1,000円くらいで購入できるので、お手ごろです。

ホーロー製

4,000円前後しますが、ホーロー製なので保温性が高いです。

重曹足湯のやり方

1)洗面器にお湯を張る(5ℓ)
2)重層:小さじ2(で様子見)
3)10~15分足をつける

効果が薄い場合は、重曹を大さじ1~2に。

レシピ参考:ニオイNAVI

角質も落ちる重曹足湯!

副次的効果として、角質の除去も手助けしてくれます。

重曹がもつ中和作用により、こびりついた古い角質もとれるそうです。

「酢」を入れるとさらに角質ケアに!

重曹に酢を加えると「発泡」効果が期待できます。

つまり炭酸が発生して、より古い角質をとりやすくなるようです。

重曹足湯のやり方

1)洗面器にお湯を張る(5ℓ)
2)重層:小さじ2(で様子見)
3)お酢:小さじ1(で様子見)
4)10~15分足をつける

比率としては重曹2:酢1。「シュワ〜」と気体が発生します。

レシピ参考:足臭女子部.com

重曹足湯の注意点
足裏に傷がある場合は避けてください。例えばカカトのひび割れが酷い場合も控えた方が良いです。

重曹風呂は大丈夫?

お風呂に入れる時は、大さじ2~3杯を目安に。

ただし、重曹のお風呂は注意が必要です。

入れすぎるとアルカリ性が強くなり、帰ってカラダに悪影響を与えます。

チリチリと肌が痛む場合は入れすぎている可能性があります。

参考:せっけん楽会「重曹をお風呂に。大丈夫かな?」

重曹風呂を作るのが不安な場合

重曹の効果を活かした入浴剤も販売されていますよ^^

→重曹の入浴剤を楽天で見てみる

最後に

重曹はすぐ簡単に始められることから、足湯フットケアでも人気の方法です。

洗っても足のニオイがとれない人は、一度試してみると良いかも!

関連記事:足湯効果まとめ|足のニオイ・古い角質対策

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る