【使う頻度】足裏の角質ケアグッズの種類【まとめ】



足裏の角質ケアはハマると何度もしたくなってしまいますが、やりすぎは禁物です。

角質とは、足裏を守ってくれる存在でもありますので、頻度に注意です。

足裏の角質ケアは「頻度」が重要

足裏の角質はたまりやすいです。

特にかかとや母指球など、地面につく部位。

毎日ケアしてる人も多いと思いますが、足裏の角質は取りすぎないこと。

保湿クリームやマッサージは毎日してもOKです。

しかし角質を取るフットケアは毎日だとやりすぎてしまいます。

ここでは角質ケアの頻度の目安についてまとめています。

足裏の角質ケアは大きく3つある

  • 磨く
  • 削る
  • はがす

どの方法を選ぶかは好みもあると思いますが、アイテムによって頻度は変わります。

アイテムの目安頻度を参考にフットケアを調整していくと良いと思います。

3つの方法の特徴はこちら

⑴磨く系

最もポピュラーなのが「磨く系」のフットケア商品。

入浴剤やスクラブを使うのが磨く系の角質ケアです。(主にバスタイムのフットケアです)

入浴剤

美人の泉・絹肌プレミアムは、角質ケアに特化した入浴剤です。(→レビューはこちら

青パパイヤの酵素がポイント。

入浴剤なので毎日でもOKです。

おそらく最もお手軽な角質ケアだと思います。

入浴剤のメリットは足裏だけでなく、体全体を角質ケアができること。

効果はゆっくりですが、硬いかかとも少しづつツルツルに。

他にも、排水まわりがキレイになるという嬉しい効果もあります。(パパイン酵素の効力です)

スクラブクリーム

肌がツルツルになって気持ち良いスクラブクリームですが、多用は厳禁

”スクラブ”を使ったフットケアは頻度控えめに。(スクラブとは”磨き粉”のことです)

目安は多くて週に1~2回

日やけ後や脱毛前後など、肌が弱まってる状態の時は使用を控えた方が良いです。

⑵削る系

削る系は”ファイル”という足専用のヤスリを使ったり、電動タイプのヤスリを使って、足裏の角質をけずる角質ケアです。(お風呂上がりにするフットケアです)

足裏の角質がポロポロ取れて気持ち良いのですが、やりすぎ癖がつかないように注意です。

足ヤスリ【電動タイプ】

削る系では、おそらく最も人気の高いタイプ。

頻度は多くて1週間に1~2回程度です。

必要に応じて、乾いた肌で使用します。

足ヤスリ【プラスチックタイプ】

こちらも多くて1週間に1回を目安に。

足裏をきれいに洗って必ず乾かしてから使用すること。

プロのやり方はこちら↓

足ヤスリ【軽石タイプ】

角質がたまっている頃は週に2~3回

慣れて角質が取れてきたら2週間に1回で十分。

水分を拭き取ってから使用。

軽く濡らし、目の荒い面でこすっていき、とれてきたら細かい面で仕上げ。

⑶はがす系

参照:http://babyfoot.co.jp

はがす系とは”ピーリング”という角質ケアです。

りんごやレモンなどのフルーツからとれた”酸”を利用して、足裏の角質をとる方法です。

”剥がす”という言葉だと、なんだか恐ろしく聞こえますが、実際は足のパックみたいなものです。

ただ行程的に時間のかかるケアでもあるので、使い方に注意する必要があります。

ピーリング剤

ベビーフットでは「最低でも4週間以上(1ヶ月以上)は期間をあけてください」と説明しています。

ベビーフットはむけるのが楽しいのでハマってる人もいますが、頻度的には3~6ヶ月に1回でも十分です。

関連記事:ベビーフットの効果がすごすぎる

まとめ

  • 磨く場合→入浴剤(毎日でOK)、
  • 磨く場合→スクラブ系(2週に1回でもOK)
  • 削る場合→週に1回~2週に1回
  • ピーリング→3~6ヶ月に1回(1ヶ月でも「可」ですが、一般的には数ヶ月単位)

足裏は傷つけないように優しくケアしていくことが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 足裏の角質をごっそり取るといえばベビーフット。 フルーツ酸を使って足裏の角質をとる方法(ピーリ…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る