歩き方と靴選びの見直し|足裏の角質部位をチェックしてみる。



足裏の角質の原因は「靴と歩き方」

合わない靴を履くと足裏の角質ができやすくなります。

また負担をかける歩きグセから、足裏のトラブルを起こしやすくなります。

タコや魚の目ができるのも、歩き方や靴のサイズによって角質が変化したものです。

そもそも足裏の角質とは?

小指側面の角質→O脚歩き

6_1

小指あたりの側面が硬くなるのは、O脚歩きやガニ股、外反母趾の人に多く見られる傾向です。

親指側面の角質→内股歩きの傾向

6_2

この部位に角質ができやすい人は、内股で歩く傾向にあり、巻き爪にもなりやすいです。

指の甲にタコ →靴が小さい

6_3

指の甲にタコができるのは、靴が小さい証拠。小さい靴を無理に履くために、皮膚を守ろうとする角質の保護作用です。

足指・カカトに角質→靴が大きい

6_4

こちらは靴のサイズが合わないとなりやすい部分。カカトに余計な負担をかけてしまうためです。

脚の側面全体の角質が・・ → 靴が合ってない

6_5

足のサイズに合っていないヒールを履く女性に多い傾向です。

足裏タコの主な原因は「合わない靴」

ほとんどの原因は合わない靴によるものです。

  • 親指の付け根
  • 小指の横
  • 足裏の中央

などなど。

またこの部位は魚の目にもなりやすく、とても痛いです。

足裏の角質はカラダを守っている

角質は本来、皮膚を守ろうとして硬くなります。

その状態がひどくなるのは、よっぽど足裏に負担をかけているということ。

足裏の角質を見て、歩き方や靴の選び方を見直す良いきっかけしてみてください。

また、状況によって角質ケアも必要になると思います。

頻度やタイミングも方法によって違います。

足の角質ケアグッズの頻度【まとめ】

自分に合う靴のサイズの選び方

  • かかと…かかとに隙間がない靴を選ぶ
  • つま先…0.5cm~1cmの余裕があるか
  • 足幅…足の横幅(ワイズ)が合うか

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る