足裏の角質を削る方法|ファイルやリムーバーの使い方【動画あり】



かかとの角質を削るアイテムって?

かかとの角質を削る方法といえば、足やすりや軽石などがあります。

”削る”とは、古い角質をこすり落とすこと。

足裏の角質ケアでは最もポピュラーな方法と言えるかもしれません。

①電動タイプ

電動タイプの足やすりはドクターシュールの電動リムーバーが有名ですね。

やすり部分が電動で回転し、角質を削ってくれます。

リムーバーの使い方

  1. ローラーヘッド(ヤスリ部分)をセット
  2. スイッチを入れる
  3. 3〜4秒気になる部位に当てる→乾燥した肌で
  4. 局部ごと固い角質を除去
  5. 足を拭き取るor洗う

リムーバーを使う頻度は角質具合にもよりますが、多くても1週間に1~2回。

電動角質リムーバーは優しく角質除去を行えるところも人気です。

使用後は水洗いをし、乾燥させます。(.ローラー部分が取れやすいのも使いやすいと好評です)

※皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたりしないように、やりすぎに注意!

②ファイル(プラスチックタイプ)

足専用のやすりのことを「ファイル」と言います。

ファイルには軽石タイプとプラスチック製のタイプがあります。

こちらはプラスチックタイプ↓

ファイルの使い方

  1. お風呂でかかとを柔らかくする
  2. 粗い面でかかとをこする
  3. 細かい面で足裏全体を優しくこする
  4. 最後は保湿で仕上げ

ファイルを使う頻度は、多くても1週間に1~2回。

キレイなら2週間~1ヶ月に1回程度で十分です。

プラスチックのメリットは雑菌が繁殖しにくいこと。

使いやすさや安全性ではプラスチック製の方が無難です。

使用後は水洗いをし、乾燥させます。

③ファイル(軽石タイプ)

プロ仕様としても有名なかかとヤスリがこちら。

使いやすさと優しい角質ケアができることで人気のあるファイルです。

軽石タイプも使う頻度は、多くても1週間に1~2回。

使用後は水洗いをし、乾燥させます。

軽石タイプの使い方

  1. 入浴時にかかとが柔らかくなったのを確認
  2. 粗い面でかかとをこする
  3. 細かい面で足裏全体を優しくこする
  4. 足を洗い流す(ぬるま湯で足を洗う)
  5. 入浴後に保湿する

やってはいけない足裏の角質ケア

当たり前ですが、カミソリやハサミで削り取るというのはNGです。

皮膚を傷つける可能性が高いですし、傷のせいでさらに角質が厚くなってしまうリスクもあります(肌を守るための保護作用です)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る