靴下がやばいクサい…すぐできる足裏の消臭対策



靴下は履き続ければ、誰しも臭くなるもの。

ただし、その臭さは人によっても違い、強烈な人は強烈。

そのクサい靴下は、困ることもありますよね。

実は私も足の臭いがヒドい時に困ったことがあります。

例えば営業の訪問で家にあがるときや、飲み会で靴を脱ぐ瞬間など、周りの目が気になったこともありました。

ですが、今はその心配もなくなり、どの状態でも靴やブーツを脱げる環境になっています。

ということで、ここでは靴下が放つ嫌な匂いをなくすための対策を紹介しています。

靴下が臭いのは「雑菌が原因」

靴下が臭くなるのはムレる(高温多湿)状態が雑菌を繁殖させるためです。

誰でも靴下は臭くなりますが、ニオイがきつい人はこの雑菌の繁殖がやばいことになってる可能性が高いです。

私の場合は、このように対処しています↓

対策①:替えの靴下を履く

10_1

”居酒屋で靴が脱げない。” ”お客様の家で靴が脱げない。”

靴を脱がなきゃいけない座敷の席などで困ったりすることも。。

そんな時は事前に「靴下を替える」という方法もあります。

応急処置ですが、ある程度はマシになると思います。

スーツ系の靴下なら、このような強力な消臭靴下もあります。

消臭靴下「デオル」

ニオイ対策専門ショップの靴下なので、その効果は大きいと思います。

対策②:消臭インソールを履く

靴にも工夫を。

私は竹炭を使った「菌ピタ君」という超強力消臭のインソールを使っています。

この中敷を使い始めてから、驚くほど靴のムレがなくなりました。

このインソールだと、ユニクロなど普通の靴下でも大丈夫でした。→レビューはこちら

対策③:帰宅後は足を解放する

帰宅後のムレムレの足。早く脱ぎたいですよね。

靴下やストッキングはすぐに脱ぐに越したことはないので、帰宅後はササっと脱いじゃいましょう。

足裏は通気の良い環境にすることで、嫌なにおいは弱くなるはずです。

それでも臭い場合は、足を洗いましょう。

帰宅後に足を洗う習慣をつける

1日でもっとも足がムレている状態(菌が繁殖している状態)が帰宅後。

つまり、帰宅後が最も汚れているタイミングとも言えます。

足を洗う時の注意点

足を雑に洗うともっとひどくなります。足の指など洗いづらい部分も洗って乾かすことが大切です。特に指の間は意外に乾いてなかったりします。タオルで拭き取れない部分は、ドライヤーや扇風機などを利用すると便利です。

対策④:靴下を別に洗う

10

靴下の汚れやニオイがひどい場合は、つけ置きが良い方法ですす。

靴下のひどい汚れは「つけ置き」
においや汚れがひどい時は「つけ置き」→「手洗い」。そのまま入れると洗濯槽も汚れやすくなります。あと洗濯槽に入れっぱなしもよくないので、洗わない時はカゴに。

つけ置きに「重曹水」が使える

つけ置きする時にも重曹は使えます。重曹水に一晩つけてみてください。そのあとに洗濯すると、ニオイが落ちます。

重曹水の目安

・水1リットル:重曹3杯
・一晩おく

アイロンを使う
洗濯したあとにアイロンをかけるのもオススメです。(雑菌は60℃以上の熱に弱いため)

対策⑤:乾いてない靴下は履かない

60

生渇き状態が続くほど、雑菌が繁殖しやすくなります。

乾いてない靴下を履くと雑菌が増すので、乾いた靴下を履きましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る