洗濯槽のカビをごっそり取る方法|洗濯機を洗うコツ



洗濯機に「カビ」らしきものが。。

洗濯機から嫌なニオイがしたり、黒いカスがついてたりするのは「カビ」が原因です。

そんな状態は、洗濯槽の裏側にカビが繁殖しています。

洗濯機のカビ問題は「洗濯槽」

洗濯槽とは、洗濯機のカゴのような存在です。

洗濯機の中を見てもキレイですが、実は洗濯槽の裏側が問題です。

放っておくと、洗濯槽はとんでもないことになっていることも…

カビの原因は「洗剤と汚れの残り」

カビの原因は洗剤と汚れが結合してできる洗剤のカスです。

空気中にあるカビが、このカスを分解し、黒カビになります。

洗濯槽のクリーリング動画

洗濯槽の掃除は「酸素系漂白剤」

洗たく槽クリーナー 500g

洗たく槽クリーナー/500g

洗濯槽を掃除するには、酸素系漂白剤を使います。(ハイターやブライドなどでもOK)

粉タイプでも液体タイプでもOKですが、塩素系漂白剤と間違わないように注意してください。

洗濯槽の洗い方(手順)

ここで紹介している洗濯槽のカビ取りは半日以上かかります。

次の日が休みで、昼過ぎにし始めるのが良いタイミングだと思います。

用意するもの

・酵素系漂白剤
・ゴミネット

オーエ サッとる 湯あかキャッチネット

湯あかキャッチネット

①洗濯槽に水を最大限入れる

できれば40~50℃くらいのお湯の方が効果的です。

②酸素系漂白剤を入れる

  • 粉末であれば500グラム〜1キロ
  • 液体であれば500ml〜1000ml

③洗濯機をまわす

洗濯コースで3分から5分撹拌します。

30分から1時間おきに2、3回繰り返します。

泡立つ場合
泡があまりに多くなってきたら、洗濯機をストップ。洗濯槽の水を減らしたりして量を調節しましょう。

④一晩置く

目安は6時間程度です。(一晩寝かせるのが理想的です)

⑤浮いてるカビをネットですくう

次の日の朝、もう一度洗濯コース(3分から5分)で撹拌してください。

黒カビが浮かんできたら、これをネットなどで取り除きます。

⑥カビが出なくなるまですすぎ洗い

ある程度取り終わったら、水をためて、すすぎ洗いで3分から5分程度回します。

残りのカビが出てくるのですくいとります。

汚れが出てこなくなれば完了です。

参考サイト

タスクル
Naverまとめ

洗濯槽を綺麗に保つ方法

  • フタは開けておく(換気)
  • 洗濯カゴを使う(洗濯機の中に服を放置しない)
  • ”槽乾燥”の機能を使う(運転時間30分)

乾燥を心がけることが洗濯槽を清潔に保つコツになります。

関連記事:お風呂掃除のライフハック

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る