【歩き方】足タコ予防!足裏に負担をかけずに歩く方法【動画あり】



角質が硬くなる原因の一つとして「歩き方」があります。

タコやウオノメなどの角質肥厚が足裏にできやすいのは、歩き方も原因の可能性があります。

6_5

このような部位、かたくなっていませんか?

角質がかたくなるのは足裏に負担をかけているためです。

足裏の角質を硬くしないようするには?

角質を無駄に作らないようにするには、靴のサイズや歩き方を見直す必要があります。

①今履いてるものをチェックする

意外にこんなことでも角質が硬くなりやすいです↓

・サンダルやミュールを長時間履く→乾燥
・健康サンダル→イボイボが刺激(角質化の促進)

タコになりやすい靴の特徴
・幅の合ってない靴
・底の薄い靴
・高いヒールの靴

足に合う靴の目安

・つま先が1〜1.5cm空いている
・かかとに小指が一本入る余裕がある
・くるぶしに履き口が当たらない靴
・足裏アーチに重心がくるフィット感

関連記事:靴の足裏対策

②自分の歩き癖をチェックする

靴底を見ると、自分の歩き癖がわかります。

21

例えば、このように減っていませんか?

左右のどちらかに重心が偏っていないか、がに股、うち股になっていないかなど、靴底の減り方で歩き方の癖がわかります。

靴底の減り方をチェック

・靴の外側が減っている → ガニマタ、O脚
・靴の内側が減っている → 内股、X脚
・靴のつま先が減ってる → 前につんのめ(つま先にタコができやすい)
・靴のかかとが減ってる → 猫背、足を引きずる歩き方
・左右の靴の減りが違う → 体の重心が偏ってる

自分の足裏の角質のでき方でも、歩き癖がわかります。

よくない歩き方

・ガニマタで歩く → 腰痛、足首・ヒザに負担
・内股で歩く   → 骨盤の歪み(外反母趾の恐れ)
・前のめりで早足 → つま先付近に「タコ」ができやすい
・足を引きずる癖 → かかとが硬くなりやすい

③歩き方を見直す

負担の少ない歩き方を意識は、体幹ウォーキングが参考になります。

下記に関連動画があります。

④中敷をクッション代わりにする

靴のインソールはクッション代わりにもなってくれます。(消臭ケアもできるので一石二鳥です)

私は竹炭を素材に使っている、こちらのインソールを使っています↓

超消臭インソール「菌ピタ君」

足裏のじとっとした嫌な匂いも、解消してくれました。

夏のシューズでも、冬のブーツでも、靴の中がスースーする感じです。

正しい歩き方ってどう歩くの?

体幹を意識する歩き方によって、姿勢の良い歩き方ができます。

体幹を意識するポイント

・丹田(おへその下部分)
・肩甲骨(背中部分)
・骨盤(腰部分)

正しい着地の仕方

正しいの腕の振り方

正しい歩き方【動画の概要】

1:背筋を伸ばす(視線は前を向く)
2:ヒザを上げて歩く(足を引きずらないように)
3:着地は3点(親指と小指の付け根・かかと同時に)→足裏アーチ参照
4:ヒザは伸ばしきらない(自然に曲がる程度に)
5:腕を後ろに大きく振るように意識 →猫背防止
6:つま先とヒザはまっすぐ向くようにする

ポイントは姿勢とヒザの上げ方。

着地はかかとだけなく、足全体で。

正しい歩き方は、体への負担が減り、ダイエットにも効く歩き方になるそうです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 所ジョージさんの番組で話題になったフットケア商品「フットグルーマーグラン」。 見た目はマットで…
  2. 手の平や足の裏をこすると消しゴムのようなカスが出る「アカ」。 足は毎日洗ってるのに、なぜ?と不…
  3. ガイアのティーツリーで足湯(アロマフットバス)をしてみましたので、気づいたこと、実際どうだったかなど…
  4. 驚きの消臭力がある「竹炭」を使った超消臭インソール、菌ピタ君。 名前がダサいですが笑、使ってみ…
  5. ここでは2つのフットバス(足湯)の方法について紹介してます。 足のニオイ消しに効く足湯 …
ページ上部へ戻る